ホーム学院について 在校生の声 > 小椋 愛子さん

先生たちの熱い指導、熱い思いを受けとるたび、私達もがんばろうと、気持ちが奮い立ちます。 先生たちの熱い指導、熱い思いを受けとるたび、私達もがんばろうと、気持ちが奮い立ちます。

作業療法学科 夜間部 大学卒業後に入学 小椋 愛子さん 作業療法学科 夜間部 大学卒業後に入学 小椋 愛子さん

作業療法学科 夜間部
大学卒業後に入学
小椋 愛子さん

作業療法士になろうと思った きっかけを教えてください。 作業療法士になろうと思った きっかけを教えてください。

会社に勤務しながら、障害のある子どもたちと一緒にアート作品をつくるボランティア活動を行っていました。月1回のその活動を続けていくうち、子どもたちにもっとアプローチができないだろうかという思いと、専門性を極めた仕事への興味が深まり、どちらにも当てはまる作業療法士になろうと思いました。

社医学”を選んだ理由は? 社医学”を選んだ理由は?

社医学を選んだのは学校説明会がきっかけ。校内をすれ違うたびに学生さんが「こんにちは」とあいさつしてくれたり、さまざまな年齢層が一つの教室で積極的に授業を受けていたりと、そんな校風にひかれたからです。

社医学”を選んだ理由は? 社医学”を選んだ理由は?

”社医学”に入ってよかった点は 何ですか? ”社医学”に入ってよかった点は 何ですか?

すべての先生が“熱い”こと。先生たちの熱い指導、熱い思いを受けとるたび、私達もがんばろうと、気持ちが奮い立ちます。相談にも気さくに応じてくれるし、壁にぶつかった時も付き合ってくれる。背中を押し続けてくれるので、本当に心強い存在です。
実は、作業療法士という医療職はボランティア活動をするまで知りませんでした。さまざまな領域で活動できることや、対象者へのアプローチにバリエーションがあることなど、社医学で学んでいくうちに無限の可能性に満ちた職業ではないかと思うようになりました。

受験生にメッセージをお願いします! 受験生にメッセージをお願いします!

夜間部のクラスメートは年齢がさまざま。最初はうまくやっていけるか不安もありましたが、アドバイスしたり励まし合ったりと、お互い協力しながら学んでいるので心配は無用です。私同様、多くのクラスメートが働きながら学んでいます。学びと仕事を両立しながら、一緒に夢を実現しましょう。

社医学”に入ってよかった点は 何ですか? 受験生にメッセージをお願いします! 社医学”に入ってよかった点は 何ですか? 受験生にメッセージをお願いします! 観葉植物とまったり過ごす休日の小椋さん。

見て、来て、もっとわかる社医学! 見て、来て、もっとわかる社医学!

社医学が選ばれる理由社医学が選ばれる理由

数ある養成校の中から、なぜ社医学が選ばれるのか。その理由をご紹介します。

学校説明会・イベント学校説明会・イベント

来て、見て、発見して!学校説明会やイベントの最新情報をお届けします。

キャンパスライフキャンパスライフ

社医学の様子がわかる、サークル活動や学内の設備、年間スケジュールをご紹介します。