パラリンピックのもう一つのメダル?!|社医学ブログ|専門学校 社会医学技術学院|理学療法士・作業療法士養成

パラリンピックのもう一つのメダル?!
2021年12月31日社医学の日常

こんにちは。

イチゴ大福です。

2021年最後の投稿です。

今年もみなさんお世話になりました。

2022年もどうぞよろしくお願いいたします(o^―^o)

 

今日は2021年の最後にふさわしい東京2020パラリンピック素敵な後日談をお届けします。

 

車いすラグビー日本代表チームのトレーナーとして帯同していた

理学療法学科の教員藤川先生が嬉しそうに見せてくれたのはこちら

 

 

選手たちが表彰台でメダルと一緒にもらっていたお花を覚えていますか?

あれはビクトリーブーケというそうです。

実はこのブーケ、東日本大震災で被災した地域で育てられた花が使用されていて、復興への願いが込められているのです!

 

そんなブーケを選手たちがメダルのかわり押し花してスタッフにプレゼントしてくれたというのです!

なんと素敵な贈り物!!

本物のメダルのように輝いてみえますよね!

 

選手だけじゃなく、帯同するスタッフさんたちも共に闘った仲間なんだなぁと思いました!(⌒∇⌒)

とても心温まるエピソードを聞く事ができてほっこり大福なのでした(o^―^o)

 

 

家宝にする!」と喜んでいた藤川先生をパシャリ(^_-)-☆

 

 

---------------------------------------------------

【学科紹介】

 理学療法学科昼間部・夜間部はこちら

 作業療法学科夜間部はこちら

【2022年度入試】

 入試情報の詳細はこちら

【イベント】

 イベントの詳細・申込はこちら

記事一覧を見る