一般財団法人日本リハビリテーション振興会
専門学校 社会医学技術学院

Menu

情報公開

情報公開

職業実践専門課程の基本情報について

  1. 別紙様式4「医療分野医療専門課程 理学療法学科(夜間部)」(PDF 281KB
    〈文部科学大臣の認定を受けた日〉平成26年3月31日

  2. 別紙様式4「医療分野医療専門課程 作業療法学科(夜間部)」(PDF 302KB
    〈文部科学大臣の認定を受けた日〉平成26年3月31日

  3. 別紙様式4「医療分野医療専門課程 理学療法学科(昼間部)」(PDF 282KB
    〈文部科学大臣の認定を受けた日〉平成26年3月31日

※ 上記のテキストリンクをクリックするとPDFファイルが新しいウィンドウで開きます。
PDFファイルをご覧になるためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されておりますので、最新版をダウンロードしてご利用ください。

Adobe Reader

情報提供ガイドラインに基づく情報提供項目について

1

学校概要及び教育理念

 

学校概要

設置者名

一般財団法人 日本リハビリテーション振興会

理事長

宮武 剛

学校名

専門学校 社会医学技術学院

学院長

山田 千鶴子

所在地

東京都小金井市中町2丁目22番32号(〒184-8508)

最寄駅

JR中央線東小金井駅nonowa口徒歩3分

設立

昭和48年3月31日 (専修学校認可 昭和55年4月1日)

教師陣容

常勤23名 非常勤約30名以上

学生数

435名(平成28年5月1日現在)

設置学科

理学療法学科(昼間部) / 9:00~16:30 / 3年制 / 定員70名

設置学科

理学療法学科(昼間部) / 9:00~16:30 / 3年制 / 定員70名
理学療法学科(夜間部) / 18:00~21:10 / 4年制 / 定員35名
作業療法学科(夜間部) / 18:00~21:10 / 定員35名

授業時間数

理学療法学科(昼間部) 2,955時間(うち臨床実習 900時間)
理学療法学科(夜間部) 2,885時間(うち臨床実習 855時間)
作業療法学科(夜間部) 3,110時間(うち臨床実習 1,215時間)

施設概要

敷地面積 3,346m² 建物延床面積 3,598m²
教室8室・図書室・運動療法室・実習室・義肢装具室・水治療室・計測室・作業療法室・日常生活活動室・講堂・救護室・学生ラウンジ・屋上運動場等

年間学費

昼間部(初年度1,660,000円、2年次以降1,300,000円)
夜間部(初年度1,290,000円、2年次以降  930,000円)

卒業生数

(平成27年度末) / 理学療法学科2,254名 / 作業療法学科902名 / 合計3,156名

 

社会医学技術学院の沿革

 

1973
東京都新宿区大久保スポーツ館内に理学療法士養成施設(夜間4年課程)として開設

1975
東京都渋谷区に移転

 

 

1977
運営母体の(財)リハビリテーション振興会法人化

1980
東京都小金井市に校舎移転
専門学校として認可、作業療法学科(夜間4年課程)開設

 

 

1983
理学療法学科(昼間3年課程)開設

1993
専門士の称号を授与する機関として認定

 

 

1999
校舎増築(新図書室、パソコン教室等)

2003
創立30周年

 

 

2007
卒業生2000名を超える

2010
卒業生2500名を超える

 

 

2011
昼間部理学療法学科定員70名に増員

2013
創立40周年
設置母体が一般財団法人日本リハビリテーション振興会に名称変更
卒業生3000名を超える

 

 

2014
職業実践専門課程の認定校となる

 

教育理念等

教育理念

本校は、人に寄り添い、生きることを支えるために、専門的知識及び技術を習得するとともに、深い人間愛と高い人間性を涵養し、社会に貢献する理学療法士・作業療法士を育てます。

教育目標

1.人の思いや痛み、苦しみや喜びを共感できる豊かな人間性の育成
2.多職種と連携して自己の役割を果たせるコミュニケーション能力の育成
3.人が抱える問題を論理的・創造的に解決出来る思考力の育成
4.科学的根拠に基づいた確かな専門知識・技術の育成
5.専門職として生涯にわたり学習し、研鑽し続ける意欲の育成

行動目標

  1. 人を一個の人格を備えた生活者として
    捉えることができる
  1. 自分の人間観や性格傾向を言葉で説明できる
  2. 他者に共感しそのことを相手に伝えることができる
  3. 利用者の生活環境を「当事者の視点」で具体的に述べることができる
  1. 理学療法または作業療法を行うための評価と
    目標設定ができる
  1. 基礎的な面接技術を用いて初歩的カウンセリングができる
  2. 適切に情報収集(含検査・測定)を行いストレングス・ニーズを評価できる
  3. 評価結果を総合的に解釈しリハビリテーション目標を立てることができる
  1. 理学療法または作業療法の科学的知識・技術を
    医療の場で応用できる
  1. 人間の成長や行動などを理解するための基礎知識を持ち応用できる
  2. 解剖・生理学などの基礎医学と臨床医学の概要を理解し応用できる
  3. 種々の病態・特性に応じた治療のための知識と技術を行使できる
  1. 理学療法または作業療法を
    保健・福祉、地域ケア及び教育領域に応用できる
  1. 健康・生活状況を評価しリハビリテーション計画を立案できる
  2. ケア計画において各種社会資源の活用を具体的に提言できる
  3. 利用者の生活・教育環境を評価し改善方法を提言できる
  1. 理学療法士または作業療法士として
    必要な(倫理的)判断と行動ができる
  1. 個人情報保護・倫理に配慮してインフォームドコンセントができる
  2. 所属部署の管理運営に必要なマネージメントができる
  3. 適宜報告、連絡、相談、職種との連携ができ、各種記録・報告書が書ける
  1. 自己の能力向上と
    専門性の発展のために行動できる
  1. 問題解決に不足している知識・技術を得るために自ら行動できる
  2. 倫理的・科学的視点で他者とディスカッションできる
  3. 専門性に関する研究のための方法論を持ち応用できる

2

各学科の教育について

 

定員、在校生数

定員

 

1年

2年

3年

4年

合計

理学療法学科(夜)

35

35

35

35

140

作業療法学科(夜)

35

35

35

35

140

理学療法学科(昼)

70

70

70

 

210

合計

140

140

140

70

490

在校生数(平成27年5月)

 

1年

2年

3年

4年

合計

理学療法学科(夜)

35

34

34

28

131

作業療法学科(夜)

20

26

24

28

98

理学療法学科(昼)

70

66

70

 

206

合計

125

126

128

56

435

 

カリキュラム

理学療法学科夜間部

基礎分野

教育内容

科目名

授業
形態

配当年次

単位数

時間数

単位数

時間数

単位数

時間数

単位数

時間数

単位数・
時間数計

1年

2年

3年

4年

単位数

時間数

科学的思考の基盤
人間と生活

臨床心理学

講義

2

30

 

 

 

 

 

 

2

30

人間発達学

講義

2

30

 

 

 

 

 

 

2

30

医療情報学

講義

2

30

 

 

 

 

 

 

2

30

バイオメカニクス

講義

2

30

 

 

 

 

 

 

2

30

理学療法研究法

講義

2

30

 

 

 

 

 

 

2

30

行動科学

講義

 

 

 

 

 

 

2

30

2

30

統計学

講義

 

 

 

 

 

 

2

30

2

30

合計1

10

150

 

 

 

 

4

60

14

210

専門基礎分野

人体の構造と機能
および心身の発達

解剖学 Ⅰa

講義

2

60

 

 

 

 

 

 

2

60

解剖学 Ⅰb

講義

2

60

 

 

 

 

 

 

2

60

解剖学 Ⅱ

講義

3

60

 

 

 

 

 

 

3

60

生理学 Ⅰ

講義

3

60

 

 

 

 

 

 

3

60

生理学 Ⅱ

講義

3

60

 

 

 

 

 

 

3

60

運動学 Ⅰ

講義

3

60

 

 

 

 

 

 

3

60

運動学 Ⅱ

講義

 

 

2

30

 

 

 

 

2

30

運動学演習

実技

 

 

2

60

 

 

 

 

2

60

疾病と障害の
成り立ちおよび
回復過程の促進

病理学概論

講義

2

30

 

 

 

 

 

 

2

30

神経内科学

講義

 

 

3

60

 

 

 

 

3

60

整形外科学

講義

 

 

3

60

 

 

 

 

3

60

精神医学

講義

 

 

2

30

 

 

 

 

2

30

臨床医学

講義

 

 

3

60

 

 

 

 

3

60

保健医療福祉と
リハビリテーションの理念

リハビリテーション概論

講義

2

30

 

 

 

 

 

 

2

30

リハビリテーション医学

講義

 

 

3

60

 

 

 

 

3

60

合計2

20

420

17

330

 

 

 

 

37

750

専門分野

基礎理学療法学

理学療法概論Ⅰ

講義

2

30

 

 

 

 

 

 

2

30

臨床運動学

実技

 

 

 

 

2

60

 

 

2

60

理学療法概論Ⅱ

講義

 

 

 

 

 

 

1

20

1

20

理学療法研究法演習

演習

 

 

 

 

 

 

2

40

2

40

理学療法評価学

理学療法評価学Ⅰ

実技

 

 

2

60

 

 

 

 

2

60

理学療法評価学Ⅱ

実技

 

 

2

60

 

 

 

 

2

60

理学療法評価学演習

実技

 

 

 

 

2

60

 

 

2

60

理学療法治療学

運動療法学概論

講義

 

 

2

30

 

 

 

 

2

30

運動器障害理学療法学

講義

 

 

3

60

 

 

 

 

3

60

日常生活活動論

講義

 

 

3

60

 

 

 

 

3

60

運動療法学技術論

実技

 

 

 

 

2

60

 

 

2

60

脳血管障害理学療法学

講義

 

 

 

 

3

60

 

 

3

60

発達障害理学療法学

講義

 

 

 

 

3

60

 

 

3

60

神経障害理学療法学

講義

 

 

 

 

2

40

 

 

2

40

内部障害理学療法学

講義

 

 

 

 

3

60

 

 

3

60

物理療法学

講義

 

 

 

 

3

60

 

 

3

60

日常生活活動論演習

演習

 

 

 

 

2

30

 

 

2

30

義肢装具学

実技

 

 

 

 

2

60

 

 

2

60

義肢装具学演習

実技

 

 

 

 

1

30

 

 

1

30

運動療法学特論

講義

 

 

 

 

 

 

2

40

2

40

地域理学療法学

生活環境論

講義

 

 

 

 

1

2

 

 

1

2

社会福祉学

講義

 

 

 

 

 

 

1

20

1

20

地域福祉論

講義

 

 

 

 

 

 

1

20

1

20

地域理学療法論

講義

 

 

 

 

 

 

2

30

2

30

臨床実習

臨床実習Ⅰ

実習

 

 

 

 

1

45

 

 

1

45

臨床実習Ⅱ

実習

 

 

 

 

2

90

 

 

2

90

臨床実習Ⅲ-A

実習

 

 

 

 

 

 

8

360

8

360

臨床実習Ⅲ-B

実習

 

 

 

 

 

 

8

360

8

360

合計3

2

30

12

270

29

735

25

890

68

1925

合計 1+2+3

32

600

29

600

29

735

29

950

119

2885

総計

2885

作業療法学科夜間部

基礎分野

教育内容

科目名

授業
形態

配当年次

単位数

時間数

単位数

時間数

単位数

時間数

単位数

時間数

単位数・
時間数計

1年

2年

3年

4年

単位数

時間数

科学的思考の基盤
人間と生活

臨床心理学

講義

2

30

 

 

 

 

 

 

2

30

人間発達学

講義

2

30

 

 

 

 

 

 

2

30

医療情報学

講義

2

30

 

 

 

 

 

 

2

30

作業療法研究法Ⅰ

講義

2

30

 

 

 

 

 

 

2

30

作業療法研究法Ⅱ

講義

 

 

 

 

 

 

1

15

1

15

作業療法研究法演習

演習

 

 

 

 

 

 

2

30

2

30

行動科学

講義

 

 

 

 

 

 

2

30

2

30

統計学

講義

 

 

 

 

2

30

 

 

2

30

合計1

8

120

 

 

2

30

5

75

15

225

専門基礎分野

人体の構造と機能
および心身の発達

解剖学 Ⅰa

講義

2

60

 

 

 

 

 

 

2

60

解剖学 Ⅰb

講義

2

60

 

 

 

 

 

 

2

60

解剖学 Ⅱ

講義

3

60

 

 

 

 

 

 

3

60

生理学 Ⅰ

講義

3

60

 

 

 

 

 

 

3

60

生理学 Ⅱ

講義

3

60

 

 

 

 

 

 

3

60

運動学 Ⅰ

講義

3

60

 

 

 

 

 

 

3

60

運動学 Ⅱ

講義

 

 

2

30

 

 

 

 

2

30

運動学演習

演習

 

 

2

30

 

 

 

 

2

30

疾病と障害の
成り立ちおよび
回復過程の促進

病理学概論

講義

2

30

 

 

 

 

 

 

2

30

神経内科学

講義

 

 

3

60

 

 

 

 

3

60

整形外科学

講義

 

 

3

60

 

 

 

 

3

60

精神医学

講義

 

 

2

30

 

 

 

 

2

30

臨床医学

講義

 

 

3

60

 

 

 

 

3

60

保健医療福祉と
リハビリテーションの理念

リハビリテーション概論

講義

2

30

 

 

 

 

 

 

2

30

リハビリテーション医学

講義

 

 

2

30

 

 

 

 

2

30

合計2

20

420

17

300

 

 

 

 

37

720

専門分野

基礎作業療法学

作業療法概論

講義

2

30

 

 

 

 

 

 

2

30

基礎作業学総論

実技

 

 

2

30

 

 

 

 

2

30

基礎作業学Ⅰ

講義

2

30

 

 

 

 

 

 

2

30

基礎作業学Ⅱ

講義

 

 

2

30

 

 

 

 

2

30

基礎作業学Ⅲ

講義

 

 

2

30

 

 

 

 

2

30

基礎作業学Ⅳ

講義

 

 

 

 

1

15

 

 

1

15

基礎作業学Ⅴ

講義

 

 

 

 

1

15

 

 

1

15

作業療法評価学

作業療法評価学Ⅰ

講義

 

 

2

30

 

 

 

 

2

30

作業療法評価学Ⅱ

演習

 

 

2

30

 

 

 

 

2

30

作業療法評価学演習

実技

 

 

1

30

 

 

 

 

1

30

日常生活評価学

講義

 

 

2

30

 

 

 

 

2

30

日常生活評価学演習

演習

 

 

 

 

2

30

 

 

2

30

職業関連活動評価学

演習

 

 

 

 

2

30

 

 

2

30

作業療法治療学

身体障害作業治療学

講義

 

 

 

 

3

90

 

 

3

90

身体障害作業治療学演習

演習

 

 

 

 

2

30

 

 

2

30

精神障害作業治療学

講義

 

 

 

 

3

90

 

 

3

90

精神障害作業治療学演習

演習

 

 

 

 

2

30

 

 

2

30

発達障害作業治療学

講義

 

 

 

 

3

60

 

 

3

60

発達障害作業治療学演習

講義

 

 

 

 

2

30

 

 

2

30

老年期障害作業治療学

講義

 

 

 

 

2

30

 

 

2

30

臨床精神医学

講義

 

 

3

60

 

 

 

 

3

60

生活適応学

講義

 

 

 

 

2

30

 

 

2

30

生活適応学演習

演習

 

 

 

 

2

30

 

 

2

30

臨床作業療法

講義

 

 

 

 

2

30

 

 

2

30

地域作業療法学

地域作業療法学Ⅰ

講義

 

 

2

30

 

 

 

 

2

30

地域作業療法学Ⅱ

講義

 

 

 

 

2

30

 

 

2

30

社会福祉学

講義

 

 

 

 

 

 

1

20

1

20

臨床実習

臨床実習Ⅰ

実習

 

 

2

90

 

 

 

 

2

90

臨床実習Ⅱ

実習

 

 

 

 

1

45

 

 

1

45

臨床実習ⅢA

実習

 

 

 

 

 

 

8

360

8

360

臨床実習ⅢB

実習

 

 

 

 

 

 

8

360

8

360

臨床実習ⅢC

実習

 

 

 

 

 

 

8

360

8

360

合計3

4

60

20

390

32

615

25

1100

81

2165

合計 1+2+3

32

600

37

690

34

645

30

1175

133

3110

総計

3110

理学療法学科昼間部

基礎分野

教育内容

科目名

授業
形態

配当年次

単位数

時間数

単位数

時間数

単位数

時間数

単位数・
時間数計

1年

2年

3年

単位数

時間数

科学的思考の基盤
人間と生活

臨床心理学

講義

2

30

 

 

 

 

2

30

行動科学

講義

2

30

 

 

 

 

2

30

人間発達学

講義

2

30

 

 

 

 

2

30

医療情報学

講義

2

30

 

 

 

 

2

30

バイオメカニクス

講義

2

30

 

 

 

 

2

30

理学療法研究法

講義

2

30

 

 

 

 

2

30

統計学

講義

 

 

 

 

2

30

2

30

合計1

12

180

 

 

2

30

14

210

専門基礎分野

人体の構造と機能
および心身の発達

解剖学 Ⅰa

講義

2

60

 

 

 

 

2

60

解剖学 Ⅰb

講義

2

60

 

 

 

 

2

60

解剖学 Ⅱ

講義

3

60

 

 

 

 

3

60

生理学 Ⅰ

講義

3

60

 

 

 

 

3

30

生理学 Ⅱ

講義

3

30

 

 

 

 

3

30

運動学 Ⅰ

講義

3

30

 

 

 

 

3

30

運動学 Ⅱ

講義

2

30

 

 

 

 

2

30

運動学演習

演習

 

 

2

30

 

 

2

30

疾病と障害の
成り立ちおよび
回復過程の促進

病理学概論

講義

2

30

 

 

 

 

2

30

神経内科学

講義

 

 

3

60

 

 

3

60

整形外科学

講義

 

 

3

60

 

 

3

60

精神医学

講義

2

30

 

 

 

 

2

60

臨床医学

講義

 

 

3

60

 

 

3

60

保健医療福祉と
リハビリテーションの理念

リハビリテーション概論

講義

2

30

 

 

 

 

2

30

リハビリテーション医学

講義

 

 

 

 

2

30

2

30

合計2

24

48

11

210

2

30

37

720

専門分野

基礎理学療法学

理学療法概論Ⅰ

講義

2

30

 

 

 

 

2

30

臨床運動学

実技

 

 

2

60

 

 

2

60

理学療法演習Ⅰ

演習

 

 

2

30

 

 

2

30

理学療法演習Ⅱ

実技

 

 

 

 

2

60

2

60

理学療法概論Ⅱ

講義

 

 

 

 

1

15

1

15

理学療法評価学

理学療法評価学Ⅰ

実技

2

60

 

 

 

 

2

60

理学療法評価学Ⅱ

実技

 

 

2

60

 

 

2

60

理学療法評価学演習

実技

 

 

2

60

 

 

2

60

理学療法治療学

運動療法学概論

講義

2

30

 

 

 

 

2

30

発達障害理学療法学Ⅰ

講義

2

30

 

 

 

 

2

30

物理療法学Ⅰ

講義

2

30

 

 

 

 

2

30

運動器障害理学療法学Ⅰ

実技

 

 

2

60

 

 

2

60

運動器障害理学療法学Ⅱ

実技

 

 

2

60

 

 

2

60

脳血管障害理学療法学Ⅰ

実技

 

 

2

60

 

 

2

60

発達障害理学療法学Ⅱ

講義

 

 

2

30

 

 

2

30

物理療法学Ⅱ

講義

 

 

2

30

 

 

2

30

日常生活活動論

講義

 

 

3

60

 

 

3

60

義肢装具学

実技

 

 

2

60

 

 

2

60

義肢装具学演習

実技

 

 

1

30

 

 

1

30

運動療法学技術論

実技

 

 

 

 

2

60

2

60

脳血管障害理学療法学Ⅱ

講義

 

 

 

 

2

30

2

30

日常生活活動論演習

演習

 

 

 

 

2

30

2

30

内部障害理学療法学

講義

 

 

 

 

3

60

3

60

地域理学療法学

社会福祉学

講義

2

30

 

 

 

 

2

30

生活環境論

講義

 

 

 

 

2

30

2

30

地域理学療法論

講義

 

 

 

 

2

30

2

30

臨床実習

臨床実習Ⅰ

実習

 

 

1

45

 

 

1

45

臨床実習Ⅱ

実習

 

 

3

135

 

 

3

135

臨床実習Ⅲ-A

実習

 

 

 

 

8

360

8

360

臨床実習Ⅲ-B

実習

 

 

 

 

8

360

8

360

合計3

12

210

28

780

32

1035

72

2025

合計 1+2+3

48

870

39

990

36

1095

123

2955

総計

2955

 

資格取得、就職

国家試験合格率 (平成27年度)

理学療法学科(昼間部)

受験者62名中47名合格

合格率76%(全国平均74%)

理学療法学科(夜間部)

受験者33名中26名合格

合格率79%(全国平均74%)

作業療法学科(夜間部)

受験者23名中22名合格

合格率96%(全国平均88%)

卒業者数・就職率 (平成27年度)

理学療法学科(昼間部)

卒業者数62名

55名就職:希望者の就職率100%

理学療法学科(夜間部)

卒業者数33名

30名就職:希望者の就職率100%

作業療法学科(夜間部)

卒業者数23名

21名就職:希望者の就職率100%

求人状況 (平成27年度)

求人数 10,440人

理学 5,105人

作業 5,335人

過去の卒業生数 (平成27年度末)

過去の卒業生数

理学療法学科 2,254名

作業療法学科 902名

合計

 

3,156名

3

教職員数

 

常勤職員

 

 

男性

女性

理学療法士

17名(学院長を含む)

13

4

作業療法士

6名

2

4

事務職員

9名

4

5

 

非常勤職員

 

 

男性

女性

講師

33名

 

 

事務職員

5名

3

2

4

キャリア教育

 

理学療法学科

臨床実習の概要

1 臨床実習の目標

学内各教科で修めてきた知識や技術を、具体的な事例を通じてその適用を学ぶために臨床実習という実地の学習の場を設置する。将来、理学療法士としての業務を遂行できるように、まずは基本的理学療法の評価及び治療プログラムの実施を通じて理学療法の方法を学ぶことを臨床実習の目標とする。

基本的理学療法とは、典型的な症例を対象に標準的な方法で可能な「初期評価、目標設定、治療プログラムの立案・実施、再評価、最終評価など」の一連の理学療法とする。

一方で到達目標を、卒業時点において「ある程度の助言・指導のもとに基本的理学療法を遂行できる」レベルとする。これを最低限の到達目標(つまり何れの学生も卒業時点で到達すべき目標)と設定する。

2 臨床実習の構成

当学では前述した基本的理学療法の流れを念頭に描きながら、途中学年に短期の臨床実習Ⅰ・Ⅱをおき、最終学年に総合臨床実習としての臨床実習Ⅲを配置する。これにより段階的に臨床実習を進める。

■ 臨床実習《Ⅰ》 (検査・測定実習)

昼間部では第2学年、夜間部では第3学年の前期末に履修する。カリキュラムの進行に応じた各種検査測定技術の実習を、指導者の指導のもと経験するものである。合わせて各種運動障害の実際や各種徴候・症候を実地の場面から観察したり、体験すること。

また、初歩的な介助方法も含めた対象者との接し方についても実習、体験する。

期間

(昼・夜間部)1週間

内容

ROM,MMTなどの検査測定の実施とその記録、検査測定の結果の原因分析、移乗動作を中心とした介助の経験

■ 臨床実習《Ⅱ》 (評価実習)

実習Ⅰの内容から一歩すすめ、標準的な症例を対象に問題点の抽出方法から目標設定の方法を実習する。加えて、治療プログラムの立案方法も体験する。

期間

(昼間部)3週間 (夜間部)2週間

内容

片麻痺の検査測定の実施とその記録、担当症例の評価,分析・統合・解釈、問題点の抽出と目標設定

■ 臨床実習《Ⅲ》 (総合臨床実習)

ほとんどのカリキュラムを終えたところでの実習であることから、修得した知識の総合的な関連付けを通じて理学療法全般に渡って実習することを目的としている。

期間

(昼間部)8週間×2 (夜間部)8週間×2

内容

理学療法の評価および全般の実施

3 臨床実習Ⅲは2期の設定

当学理学療法学科では、臨床実習Ⅲ(総合臨床実習)は一連の理学療法を実習、経験するのに8週間が妥当であると考え、これを2期設定している。2期の実習は原則として、各々独立した実習であり同じ到達目標を掲げている。
すなわち2期の臨床実習Ⅲを終えた時点でも、卒業時点の最低限の到達目標は「ある程度の助言・指導のもとに基本的理学療法を遂行できる」レベルと考えている。

とくに第2期目では、1期目での体験を繰り返す点もあることから、その実習目標を「1期目より高く、あるいは、より深く。」と設定する場合が見受けられる。もちろん学修能力の高い学生にはより進んだ応用力を実習させることは教育上も望ましい。そのような学生にとって複数の実習期を経験することは、広く理学療法の方法を学習する良い機会になると期待している。

一方で、「1歩進んでは2歩後退する」ような学習プロセスを示す学生も存在する。このような場合には1期目での積み上げを前提とせず、2期目の実習を一からのスタートとし、あらためて当初の到達目標に向かう実習の場としてほしい。

4 症例報告書の作成

臨床実習Ⅱ・Ⅲ(評価実習と総合臨床実習)の中で、主要な実習課題としているものに症例報告書(いわゆるケース・レポート)がある。

臨床実習の目的は一連の基本的理学療法を実習、経験することにある。各種検査・測定や初歩的な治療技術を実践することが求められる。さらに、検査・測定やその他の情報収集した事項をもとに統合と解釈を行い、治療プログラム立案へと考察する理学療法士としての臨床思考能力を養うことも重要な実習課題である。この論理的な思考能力を養う有効な手段の1つとして、自己の考えを表明または文章化し他者からの指導や批判を仰ぐ学習方法が挙げられる。より臨床能力の高い理学療法士の育成を目指す当学にとって、1症例について症例報告書をまとめることは有意義な学習方法であると考えている。

しかしながら、文章作成能力を養うための学内教育を内容的にも時間的にも十分に進められていないことも事実である。中には臨床思考能力を養う以前の課題として、「自分の考えを文章で表わす」といったことにも未熟な学生が少なからず存在する。

もし文章表現や文章作成能力が十分でなく、完成までに過剰な時間を費やしそうになる場合は、早い段階から文章作成にこだわらず「(未熟であっても)口頭で表明できる」ことを第一義として指導をお願いしたい。この際には「症例報告書を完成させる」課題は、学院に戻ってからの学習としたいと考えている。

 

作業療法学科

臨床実習の概要

1 臨床実習とは

作業療法は知識・技術・態度が一体となった実践学である。作業療法を学ぶには、学院で知識・技術・態度を習得するだけでなく、臨床実習指導者(以下、指導者)の指導の下、臨床実習における体験学習を通して、学院で学んだことを確認し、さらに知識を整理し、対象者のニーズに合った実践能力を高めていくという過程をとる必要がある。

さらに、臨床実習は保健・医療・福祉領域に従事する専門職として必要な基本的資質の自覚を促し、チームアプローチにおける役割を理解・遂行するという、一人の作業療法士として社会に出る準備を行う機会でもある。これらの意味からも、臨床実習は学内教育と並んで必要不可欠な学習の機会である。

2 臨床実習の種類

本学では以下の臨床見学および臨床実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲを設定する。

【1】 臨床見学(1学年前期)

作業療法は知識・技術・態度が一体となった実践学である。作業療法を学ぶには、学院で知識・技術・態度を習得するだけでなく、臨床実習指導者(以下、指導者)の指導の下、臨床実習における体験学習を通して、学院で学んだことを確認し、さらに知識を整理し、対象者のニーズに合った実践能力を高めていくという過程をとる必要がある。

【2】 臨床実習Ⅰ(身体障害・高齢期障害領域,検査・測定実習)(2学年後期,90時間,2単位)

臨床実習Ⅰは2学年後期に履修する実習である。この実習では、指導者の指導の下で、身体障害・高齢期障害領域における検査・測定および介助法の経験を主体にした実習を行う。

臨床実習終了後にセミナーを行う。セミナーでは教員の指導の下、学生間の学習経験の共有、実習経験の問題整理および分析のために、学生が実習経験を発表して質疑応答や意見交換などの集団討議を行い、学習への全体的な理解を深める。

【3】 臨床実習Ⅱ(精神科領域,見学実習)(3学年前期,45時間,1単位)

臨床実習Ⅱは3学年前期に履修する実習である。この実習では、指導者の指導の下で、精神科作業療法場面の見学を主体とした実習を行う。

臨床実習終了後にセミナーを行う。セミナーでは教員の指導の下、学生間の学習経験の共有、実習経験の問題整理および分析のために、学生が実習経験を発表して質疑応答や意見交換などの集団討議を行い、学習への全体的な理解を深める。

【4】 臨床実習Ⅲ(3領域,インターン実習)(4学年前・後期,360時間,8単位×3回)

臨床実習Ⅱは4学年前・後期に履修する実習である。この実習では、指導者の指導の下で、対象者の評価から治療を含めた臨床実習を3期それぞれ8週間ずつ(計24週間)行う。

実習後セミナーは、各臨床実習終了後に行う。学院で教員の指導の下、学生間の学習経験の共有、実習経験の問題整理および分析のために、学生が実習経験を発表して質疑応答や意見交換などの集団討議を行い、学習の全体的な理解を深める。また、次期実習への準備、実習施設や学内の連絡および提出課題の修正なども行う。

3 臨床実習の参加資格

臨床実習Ⅲを履修するためには、当該実習開始以前に履修すべき全ての科目が合格又は認定されていなければならない。(学生便覧 進級・卒業・称号の授与 第23条4)

5

様々な教育活動

学校行事

入学式 / 三科合同行事(新入生) / 体育祭 / 自治会総会 / 文化祭 / 校外美化活動(地域貢献活動) / 卒業式

サークル活動団体
(平成28年度)

ハモネプサークル / フットサルサークル / 夜間部フットサルサークル / アイアンホース / 野球サークル / バスケサ-クル / アカレレサークル / 陶芸サークル / スポリハサークル / 大道芸サークル / バレーボールサークル / サッカーサークル

6

学生の生活支援

臨床心理士による学生相談室を開設しています。
平成27年度の実施状況は下記の通りです。

平成27年度 学生相談実施状況

実施月

開室回数

人数(延べ)

4月

7

26

5月

6

16

6月

5

16

7月

7

17

8月

5

17

9月

5

11

10月

7

20

11月

6

18

12月

6

28

1月

6

31

2月

5

27

3月

7

23

合計

72

250

7

学生納付金

納付金

項目

理学療法学科夜間部

作業療法学科夜間部

理学療法学科昼間部

備考

入学金

360,000円

360,000円

360,000円

 

学費

授業料

600,000円

600,000円

800,000円

半額を分納できます

施設設備費

180,000円

180,000円

250,000円

 

教材実習費

150,000円

150,000円

250,000円

 

その他の費用

学科

項目

理学療法学科夜間部

作業療法学科夜間部

理学療法学科昼間部

備考

1年次

教科書代

約 40,000円

約 40,000円

約 60,000円

年度によって異なります

抗体検査費用
(ワクチン接種代含)

20,000〜
30,000円

20,000〜
30,000円

20,000〜
30,000円

施設への実習の際に使用します

白衣代(上下2組)

20,000円前後

20,000円前後

20,000円前後

 

検査器具代

3,000〜
10,000円

3,000〜
10,000円

3,000〜
10,000円

2年次に購入することもあります

自治会費

1,500円

1,500円

1,500円

年度によって異なります

実習交通費

実費

実費

実費

数日間の実習です

2年次

教科書代

約 60,000円

約 70,000円

約 40,000円

年度によって異なります

自治会費

1,500円

1,500円

1,500円

年度によって異なります

実習交通費

実費

実費

実費※(割引有)

※学割で定期を購入できます

3年次

教科書代

約 20,000円

約 30,000円

約 5,000円

年度によって異なります

自治会費

1,500円

1,500円

1,500円

年度によって異なります

実習交通費

実費

実費

上限30,000円※

※遠隔地は住宅補助有

4年次

自治会費

1,500円

1,500円

 

年度によって異なります

実習交通費

上限30,000円

上限40,000円

 

※遠隔地は住宅補助有

合計

約426万円

約428万円

約442万円

交通費は含まれません

※国家試験に係る費用
国家試験問題集 2,000~6,000円
国家試験受験料 10,500円
国家試験模擬代 1回につき 6,000~10,000円

8

学校の財務

  1. 収支予算書(PDF 107KB

  2. 貸借対照表(PDF 32KB

  1. 正味財産増減計算書(PDF 54KB

9

学校評価

  1. 自己点検・自己評価報告書(PDF 255KB

  2. 関係者評価委員会 結果報告(PDF 72KB
    ・第6回学校関係者評価委員会 議事録(PDF 137KB

  1. 私立専門学校第三者評価報告書(PDF 562KB

10

学則

第1章 総則

目的

第1条

本学院は、学校教育法(昭和22年法律第26号)及び理学療法士及び作業療法士法(昭和40年法律第137号)(以下「法」という。)に基づき、理学療法士又は作業療法士として必要な知識と技術を修得させることを目的とする。

名称

第2条

本学院は、専門学校 社会医学技術学院という。

位置

第3条

本学院の位置を、東京都小金井市中町二丁目22番32号に置く。

自己点検・評価

第4条

本学院は、その教育の一層の充実を図り、本学院の目的及び社会的使命を達成するために、本学院における教育活動等の状況について自ら点検及び評価を行うものとする。

  1. 前項の点検及び評価の実施に関し、必要な事項は別に定める。

第2章 課程及び学科

課程・学科・修業年限・定員

第5条

本学院の課程、学科及び修業年限並びに定員は、次のとおりとする。

課程名

区分

学科名

修業
年限

入学定員

総学
級数

総定員

医療専門課程

夜間部

理学療法学科

4年

理学療法学科 35

4

280名

作業療法学科

作業療法学科 35

4

昼間部

理学療法学科

3年

理学療法学科 70

6

210名

学年・学期・開校の期間

第6条

本学院の学年は、4月1日に始まり翌年3月31日に終る。

  1. 学期は、次のとおりとする。
    前期は4月1日から9月30日まで、後期は10月1日から3月31日まで。

  2. 開校時間は、午前8時30分から午後10時30分までとする。

休業日

第7条

本学院の休業日は、次のとおりとする。

(1)土曜日、日曜日
(2)国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に定める日
(3)夏期休業:8月1日から8月31日まで
(4)冬期休業:12月24日から1月5日まで
(5)春期休業:3月21日から3月31日まで
(6)開校記念日:5月1日

  1. 教育上必要があり、かつ、やむを得ない事情があるときは、前項にかかわらず、休業日に授業を行うことがある。

  2. 変災、その他の事情があるときは、臨時に授業を行わないことがある。

第3章 教育課程、単位数、授業時間数及び教職員組織

教育課程・単位数・授業時間数・単位換算

第8条

本学院の教育課程及び単位数と授業時間数は、別表のとおりとする。

  1. 前項別表に定める教育課程以外に、基礎医学実習(解剖学・生理学)、臨床見学、介護実習(理学療法学科のみ)を行う。

  2. 学科試験等についての時間数は、別に定めるところによる。

  3. 1単位の授業時間は、講義及び演習は15時間から30時間。実技については30時間から45時間、臨床実習は45時間とする。

  4. 教育上有益と認められた場合、本学入学以前に他の教育機関で取得された単位を、別に定めるところにより認定することができる。

授業の時間

第9条

本学院の授業の時間は、次のとおりとする。

・夜間部は、午後6時00分から午後9時10分まで
・昼間部は、午前9時00分から午後4時30分まで

  1. 前項の規程にかかわらず、基礎医学実習、臨床見学、介護実習、臨床実習については 夜間部・昼間部とも、この限りでない。

教職員組織

第10条

本学院に、次の教職員を置く。

(1)学院長・・・1名
(2)副学院長 ・・・2名以内
(3)専任教員・・・理学療法学科夜間部 6名、作業療法学科夜間部 6名、理学療法学科昼間部 9名
(4)非常勤講師・・・40名以上
(5)事務職員・・・5名以上
(6)校医 ・・・1名

学院長は、校務をつかさどり、所属職員を監督する。副学院長は、学院長に事故があるときは、その職務を代行する。

会議

第11条

本学院の教育に関する事項を審議するため、教育会議を置く。

  1. 前項の会議については、別に定めるところによるものとする。

第4章 入学、休学、退学、進級、卒業及び賞罰

入学資格

第12条

本学院の入学資格は、学校教育法第90条第1項の規定により大学に入学することができる者とする。

入学時期

第13条

本学院の入学時期は、4月1日とする。

入学願

第14条

本学院に入学を希望する者は、本学院の定める入学願書及びその他の書類に必要事項を記載し、第27条に定める入学検定料を添えて指定期日までに出願しなければならない。

入学試験

第15条

学院長は入学希望者に対して一般入学試験または推薦入学試験等を行い、教育会議の議を経て入学者を決定する。

入学手続

第16条

本学院に入学を許可された者は、入学許可の日から指定された日までの間に、 第27条に定める納付金を添えて手続をとらなければならない。

編入学

第17条

理学療法士及び作業療法士法第11条第1号及び第2号に規定する学校若しくは理学療法士養成施設又は法第12条第1号及び第2号に規定する学校若しくは作業療法士養成施設に在学する者で、本学院に編入学を志願する者については、欠員のある場合にかぎり、入学試験に準ずる選考のうえ入学を許可することがある。

  1. 理学療法士で作業療法学科に、又は作業療法士で理学療法学科に編入学を志願する者については、欠員のある場合にかぎり、選考のうえ当該学科に入学を許可することがある。

  2. 第1項の規程により編入学を志願する者は、当該学校又は養成施設の在学証明書その他所定の証明書を提出しなければならない。

  3. 第2項の規程により編入学を志願する者は、理学療法士又は作業療法士に関する資格証明書を提出しなければならない。

転学科

第18条

本学院の学生で、他学科に転学科を志願する者は欠員のある場合に限り、選考のうえで転学科を許可することがある。

  1. 転学科を許可された者は、当該学科の第1学年又は第2学年の課程から履修するものとする。

  2. 第1項の規程により転学科を志願する者は、転学科願を提出しなければならない。

休学

第19条

傷病、その他やむを得ない事由によって、相当期間出席できない場合は、その事由を記し疾病の場合は医師の診断書を添え、教育会議の議を経て学院長の許可を受け、休学することができる。ただし、進級できない条件を満たしている者は、当該年度の休学を認めない。

  1. 休学期間は、同一学年で2年以内とする。ただし、年度の途中で休学を認められた者は、当該年度は休学扱いとする。

  2. 休学期間は、在学期間に算入する。

復学

第20条

復学しようとする者は、願いを提出し、教育会議の議を経て学院長の許可を受け、復学することができる。

  1. 復学は、学年の当初からとする。

欠席・遅刻・早退

第21条

欠席・遅刻・早退については、別に定める。

自主退学

第22条

退学しようとする者は、その事由を記し、学院長に届を提出しなければならない。

再入学

第23条

第22条によって退学となった者で、再び入学を願い出る場合は、学院長に届を提出し、教育会議の議を経て、再入学を認めることがある。

  1. 再入学に要する要件は別に定める。

進級・卒業・称号の授与

第24条

進級及び卒業は教育会議の議を経て学院長が認めるものとする。

  1. 第8条第5項に基づいて認定された科目を除いた各学年所定の授業科目のすべてに合格した者は、進級又は卒業を認める。

  2. 当該学年の全科目のうち、不合格科目が1科目の場合は、進級を認めることがある。 その場合は原則として1年以内にその科目が合格とならなければ、次の学年への進級又は卒業は認めない。

  3. 臨床実習Ⅲを履修するためには、当該実習開始以前に履修すべき全ての科目が合格又は認定されていなければならない。

  4. 本学院所定の課程を終了した者には、学院長が卒業証書を授与する。

  5. 本学院所定の課程を終了した者は、専門士(医療専門課程)と称することができる。

  6. 本学院所定の課程を終了した者は、職業実践専門課程を修了したものと認める。

ほう賞

第25条

成績優秀にして他の模範となる者は、ほう賞することがある。

退学

第26条

次の各号の一に該当する者には、教育会議の議を経て学院長は、退学を命ずることがある。

(1)同一学年に2年間在学しても進級又は卒業できない者。ただし、休学を認められた者は、この限りでない
(2)同一学年で2年休学しても復学できない者
(3)在学期間が、夜間部では8年、昼間部では6年を超える者
(4)性行不良で改善の見込みがないと認められる者
(5)学業を怠り成業の見込みがないと認められる者
(6)正当な理由がなくて出席が常でない者
(7)学院の秩序を乱し、その他学生としての本分に反した者
(8)正当な理由なく所定の学費を期限内に納入しない者

第5章 入学金、学費、その他

本学院の課程、学科及び修業年限並びに定員は、次のとおりとする。

 

夜間部

昼間部

入学検定料

30,000円

30,000円

入学金

360,000円

360,000円

学費(年額)

授業料

600,000円

800,000円

施設設備費

180,000円

250,000円

教材実習費

150,000円

250,000円

学費の納入

第28条

次年度の学費は、3月末日までに納入する。

  1. 授業料については、分納することができる。この場合は、前期分は3月末日まで、後期分は9月末日までに納入する。

  2. 学費(原則として授業料を除く。)は、変更することがある。

  3. 前年度中に次年度の休学が決定した場合、授業料の半額を納入しなければならない。 ただし、その年の9月末日までに当該年度の休学が決定した場合、後期分授業料は半額とする。

健康診断

第29条

健康診断は、毎年1回、別に定めるところにより実施する。

第6章 附帯教育

聴講

第30条

本学院の附帯教育として、聴講を定める。

  1. 本学院在学中の学生で、当該学年の履修科目以外の科目(臨床見学及び臨床実習を除 く、)で既に履修した科目の聴講を希望する学生は、原則として授業開始の1か月前までに申請書を所属学科長に提出し、教育会議で認められた場合は聴講することができる。ただし、聴講した科目は、成績評価を受けることができない。

  2. 本学院在学生以外の聴講については、夜間部課程のみとし、医療職及びそれに準ずる職種に就いている者の場合は、基礎作業学及び臨床実習等を除く全科目を、その他の者は、理学療法・作業療法専門科目を除く科目の聴講を申請することができる。原則として授業開始1か月前までに申請書を提出し、教育会議の議を経て学院長が許可する。ただし、聴講した科目は、成績評価を受けることができない。

  3. 前項の聴講料は、別に定める。

科目履修制度

第31条

本学院の附帯教育として、本学院在学生以外の者を対象とした科目履修制度を定める。

  1. 科目履修制度で履修できる科目は夜間部課程の臨床実習を除く開講科目のみとする。

  2. 科目履修を希望する者は、指定期日までに必要書類及び審査料を添えて出願しなければならない。

  3. 学院長は科目履修希望者に対して所定の審査を行い、教育会議の議を経て科目履修生として履修を許可する。

  4. 履修した科目の単位は、成績評価に関する規程に基づき認定する。

  5. 科目履修制度により修得した単位は、本学に入学した場合の単位認定の対象とすることがある。

  6. その他、科目履修に必要な事項は別に定める。

付則

施行期日

  1. この学則は、昭和55年4月1日より施行する。

  2. この学則の施行に関し必要な事項は、理事会の承認を得て学院長が別に定める。

  3. 昭和55年10月7日一部改正し、昭和56年4月1日より施行する。

  4. 昭和57年10月20日一部改正し、昭和58年4月1日より施行する。

  5. 昭和58年12月14日一部改正し、昭和59年4月1日より施行する。

  6. 昭和59年10月1日一部改正し、昭和60年4月1日より施行する。

  7. 平成2年1月23日一部改正し、平成2年4月1日より施行する。

  8. 平成3年6月23日学則第23条を改正し、平成4年4月1日より施行する。ただし、授業料については平成4年度入学者より適用する。

  9. 平成3年10月7日一部改正し、平成4年4月1日より施行する。

  10. 平成4年7月21日一部改正し、平成5年4月1日より施行する。ただし、納付金については平成5年度入学者より適用する。

  11. 平成7年7月21日一部改正し、平成8年4月1日より施行する。ただし、納付金については平成8年度入学者より適用する。

  12. 平成10年7月16日一部改正し、平成11年4月1日より施行する。ただし、検定料については平成11年度入学 応募者より適用する。

  13. 平成11年6月28日一部改正し、平成11年10月1日より施行する。

  14. 平成13年9月18日一部改正し、平成13年4月1日より施行する。ただし、教育課程及び納付金については平成13年度入学者より適用する。

  15. 平成14年12月18日一部改正し、平成15年4月1日より施行する。ただし、平成14年度入学者より適用する。

  16. 平成15年9月10日一部改正し、平成16年4月1日より施行する。

  17. 平成18年3月31日一部改正し、平成18年4月1日より施行する。

  18. 平成19年3月31日一部改正し、平成19年4月1日より施行する。ただし、平成19年度入学者より適用する。

  19. 平成20年3月31日一部改正し、平成20年4月1日より施行する。

  20. 平成21年3月31日一部改正し、平成21年4月1日より施行する。

  21. 平成23年3月31日一部改正し、平成23年4月1日より施行する。ただし、教育課程については平成23年度入学者より適用する。

  22. 平成25年3月31日一部改正し、平成25年4月1日より施行する。

  23. 平成27年3月31日一部改正し、平成27年4月1日より施行する。ただし、職業実践専門課程の認定については平成26年度入学生より適用する。

  24. 平成28年3月31日一部改正し、平成28年4月1日より施行する。ただし、学生納付金については平成28年度入学者より適用する。

このページのtopへ