【学生インタビュー】Wスクールの魅力~part2~|社医学ブログ|専門学校 社会医学技術学院|理学療法士・作業療法士養成

【学生インタビュー】Wスクールの魅力~part2~
2022年7月7日インタビュー

 Wスクールの魅力をお伝えする学生インタビューpart2です!

今回は、現在も大学に通いながら社医学で学んでいる学生さんにお話を伺いました!

それではスタートです(/・ω・)/

 

 

 

理学療法学科 夜間部 1年生 柳谷 麻子さん(現在 大学とのWスクール)

 

 

1. なぜWスクールを選びましたか

 学びたいことを効率よく勉強できると思ったからです。

 私は、大学卒業に必要な単位は3年生の時点で取得し終えていました。

 4年生になり週1日だけ出席すれば良く、時間がもったいないと感じていました。

 そんな時に、リハビリ助手として勤務している整形外科の先生方や、

 社医学の説明会の時に話をした先生などからWスクールの提案をしていただきました。

 元々大学卒業後は専門学校に通い、理学療法士の資格を取りたいと考えていたこともあり、

 夜の時間を活用できるWスクールをしようと決めました。

 

2. Wスクールをしてみて良かった点、大変な点

  【良かった点】

   時間の無駄なく勉強できるところです。

   また、大学を卒業してから専門学校に通う場合と比べて1年早く資格を取得できることは、

   今後のキャリアに何か優位になる点があるのではないかと思っています。

 

  【大変な点】

   とにかく忙しいです。

   2つの学校に通っている分、授業や課題にかかる時間など全てが2倍になります。

   また、私の場合は昼間にリハビリ助手もしているので勉強の時間や

   自分の時間を確保するのはとても大変です。

 

 

3. Wスクールを考えている人へメッセージ

  Wスクールというと忙しくて大変そうだというイメージがあり、

  なかなか決断できない部分もあると思います。

  ですが、自分の学びたいことを効率よく学ぶことができ、充実した毎日を送ることができます。

  Wスクールを考えている方はぜひ社医学で一緒に頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

記事一覧を見る