教員紹介♪【第三弾】社医学一秘密主義な男⁈|社医学ブログ|専門学校 社会医学技術学院|理学療法士・作業療法士養成

教員紹介♪【第三弾】社医学一秘密主義な男⁈
2019年7月2日社医学の日常

こんにちは。イチゴ大福です。

話題沸騰中?!教員紹介のコーナーです!

第三弾作業療法学科のトップバッター!

 

社医学一秘密主義な男?!作業療法学科 の照井先生です!

それではさっそくインタビュースタートです!

 

 

〇なぜ作業療法士になったんですか

親、祖父、いとこ、いろいろなご縁や経験があり、国家資格である作業療法士という職業に

巡り合いました。

当時、企業の内定を断り、思い切って働きながら学ぶ事を選びました。

 

〇養成校時代、どんな学生でしたか

赤点ばかりで実習もうまくいかず苦労しました。

でもセラピストになり、きちんとやらなかった事は自分ではなく、患者さんに返ってくると気が付き、それから変わりました・・・変わったと思いたい・・・。

当時は深夜のアルバイトや、精神科の病院で助手として働きながら夜間の養成校に通っていました。

 

【写真:基礎作業学で園芸を学んでいる授業風景】

 

ここからは少しプライベートな質問です!

 

〇好きな言葉はなんですか

艱難汝を玉にす~かんなんなんじをたまにす ~(苦労や困難を乗り越えてこそ立派な人間になれるということ)

 

〇好きな有名人はだれですか

江戸川乱歩、筒井康隆 この2人はとても尊敬しています。

 

〇ストレス発散はどうしていますか

カフェで美味しいコーヒーを飲む。 家族と過ごしたり、ドライブやガーデニングで発散しています。

 

【写真:古民家を娘さんと見学中】

 

〇無人島に1つだけ持っていけるなら何を持っていきますか

家族の写真。一番支えになると思います。

 

〇秘密を1つ教えてください

若い頃は金髪ロン毛でした。

不良ではありません。なんちゃってサーファーでした。

 

 〇これから挑戦したい事・将来の夢はなんですか

医療以外の領域で作業療法士として精神科の対象者の役に立つこと。

たとえば入院する前の、働いている方や地域で暮らしている方の予防支援になるようなことをやっていきたいです。

将来の夢は、作業療法士が登場する小説を世に出して作業療法を啓蒙すること。

 

〇学生に一言!

自分のために頑張る事も大切だけど、将来出会う困っている人のために頑張るという人生も良いと思いますよ。

 

 

照井先生はいつもクールで冷静に周りを見ている・・と思ったら、困っているとスッと

的確なアドバイスをくれたり、ぽろっと面白い事を言ってみんなを笑わせてくれる先生です。

でも、今回のインタビューではイチゴ大福は驚きの連続でした!

イメージと違う答えがたくさん出てきたからです。

照井先生はまだまだ奥が深そうです。

 

そんな照井先生は今度の7月21日(日)の学校説明会に参加予定です!

みなさんもぜひ直接会って、どんな先生なのか確かめてみてください!

 

次回の教員紹介もお楽しみに♪

 

 

 

記事一覧を見る