一般財団法人日本リハビリテーション振興会
専門学校 社会医学技術学院

Menu

図書/学生さんへお知らせ

図書/学生さんへお知らせ

今月の書庫開放日時

2017年10月

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

 

10:00〜22:00

※ 9日/授業実施のため開放

 

13:00〜18:00

 

休館日
14日 / 開放中止

利用可能時間

図書室利用者の皆様へ

いつも、たくさんのご利用をいただきありがとうございます。
利用者の皆様の学習・研究に必要な資産を保護するため、あらたに下記時間(係員の休憩時間)での書庫を施錠することとなりました。
不明図書を1冊でも減らしていけるよう、学院としても努力してまいりますので、ご不便をおかけしますが何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。

施錠時間 平日 13:20~14:00 / 18:30~19:30
開始日 平成27年11月2日より


社会医学技術学院 図書室

閲覧室(写真手前の読んだり勉強のできるスペース)

平日 9:00~22:30  土曜 9:00~21:00

書庫(本棚のある、書籍を保管しているスペース)

平日 10:00~21:30(※)  土曜 13:00~18:00
施錠時間 平日 13:20~14:00 / 18:30~19:30
(※ 都合により21:00までとなる場合もございます。ご了承願います)

書庫閲覧室

卒業生の皆さんへ

利用条件:利用許可証をご提示下さい。(新規の方は、登録手続きを致しますので、係員へご提示下さい)

一般の皆さんへ

24年度から、一般の方も図書室をご利用できるようになりました。
詳細は下記のご利用案内をご覧下さい。

ご利用手続きについて

・電話にて前日(前日が日曜祝祭日の場合はその前の平日)までに、お申し込み下さい。
(受付時間14:00~16:00 Tel:042-384-1030 図書係)
尚、当日の混雑が予想される場合はご予約をお断りする場合があります。
・図書室ご利用申請書に必要事項を記入捺印の上、顔写真付きの身分証明書を、お持ち下さい。
・ご来校の際は事務室で前項の書類等を提示し、係員の指示に従って下さい。
・駐車場のご利用は出来ません。
・ご不明の点は、電話にて図書係へお尋ね下さい。

利用について

・ご利用時間は月~金曜日(祝日を除く)14:00~16:00となります。
・図書室ご利用申請書の有効期間は当日限りとなります。
・ご利用範囲は図書室内における図書・雑誌の閲覧のみとなります。
・パソコン・DVDなど視聴覚機材の使用、及び求人票の閲覧はできません。
・当学院所蔵の図書・雑誌の閲覧以外を目的とした閲覧席のご利用はできません。
・閲覧希望の図書を書庫より持ち出す場合は、係員の指示に従って下さい。
・コピー機の使用は、図書係の指示に従って下さい。

ご利用にあたっての注意事項

・図書室に飲食物の持ち込みは出来ません。
・書庫に手荷物の持ち込みはできません。(貴重品を除く)
・図書室内での私語はお慎み下さい。また携帯電話の使用はできません。
・小さなお子様を連れてのご利用はご遠慮下さい。

学生さんへのお知らせ

インフルエンザへの対応について

学生の皆様へ

  1. 基本的には、職場での指示に従うこととする。(職員の対応に準ずる)-夜間部のみ
  2. 朝、必ず登校(出勤)前に検温をする。発熱(37.5℃以上)があった場合は、学院に連絡すると共に、医療機関に連絡の上診察を受ける。インフルエンザと確定された場合は、登校は従来の指示通り、平熱に下がってから2日後とする。
  3. 学生自身が、感染予防に努める。
  1. 不要な外出は出来るだけ避ける
  2. 外出時はできるだけ人ごみを避ける。マスクを着用する。
  3. 手洗い、うがいの励行。 手ふきは個人専用の物を使う
  4. 睡眠・食事に留意し、体調管理を心掛ける。
  5. 体調に変化があった際は外出を控える。

実習生の皆様へ

  1. 基本的には、臨床実習先での指示に従うこととする。(職員の対応に準ずる)
  2. 朝、出勤前に検温をする。発熱(37°以上)が合った場合は、外出せずに自宅待機。実習先と学院に連絡し、指示を仰ぐ。
  3. 実習生自身が、感染予防に努める。
  1. 外出時はできるだけ人ごみを避け、マスクを着用する。
  2. 手洗い、うがいの励行。差し支えなければ、実習中もマスクを着用する。
  3. 体調に変化があった際は外出を控える。
  4. 睡眠・食事に留意し、体調管理を心掛ける。

News & Information

社医学のブログをもっと読む
このページのtopへ