一般財団法人日本リハビリテーション振興会
専門学校 社会医学技術学院

Menu

一般財団法人 日本リハビリテーション振興会

一般財団法人 日本リハビリテーション振興会

ごあいさつ

「日本リハビリテーション振興会」は、社会医学技術学院の母体として設立され、その発展を図る一般財団法人です。学院と二人三脚で歩んでまいりました。
創設時は、働きながら学ぶ若者たちを迎える我が国初の夜間専門学校でした。まだ「リハビリテーション」の意義と役割が社会に知られていない時代でもありました。先輩たちは、高い理念と確かな技術で、日本におけるリハビリテーションの普及・充実の道を切り拓いてきました。
超高齢社会を迎え、病院で、福祉施設で、地域・在宅で、理学療法士、作業療法士の活躍の場は、飛躍的に広がり、深まっています。リハビリテーションの真の目標「全人間的な復権」に努める人材を世の中は求めてやみません。
ここで学び、良き師や同じ志の友と出会い、誇り高い専門職への扉を開いてください。

理事長  宮武 剛

理事長

当財団について

  • 5. 貸借対照表(28年度/PDF 582KB
  • 6. 正味財産増減計算書(28年度/PDF 1.4MB
  • 7. 役員・評議員の報酬等並びに費用に関する規程(PDF 101KB

※ 上記のテキストリンクをクリックするとPDFファイルが新しいウィンドウで開きます。
PDFファイルをご覧になるためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されておりますので、最新版をダウンロードしてご利用ください。

Adobe Reader

連絡先:TEL 042-384-1030  担当部署 庶務課
最終更新日:平成29年6月19日

リハビリテーションひろば

当財団は、リハビリテーションに関する知識の普及・啓蒙事業の一環として定期刊行物「リハビリテーションひろば」を年2回発行しております。
ご希望の方は、お問い合わせください。
申し込みボタンから「ご希望バックナンバー、お名前、ご住所、ご所属」をお知らせください。

【記載事項】

・ご希望バックナンバー
・お名前
・ご住所
・ご所属

バックナンバー一覧(別窓が開きます)

リハビリテーションひろばバックナンバー一覧/1号〜30号

特集の内容

1号

座談会「日本リハビリテーション振興会に期待するもの」

2号

老人・障害者の介護 (第1回講習会報告)

3号

座談会「養護学校における教育と医療との接点での諸問題」

4号

中枢性麻痺の機能訓練 (第2回講習会報告)

5号

障害評価 (第3回講習会報告)

6号

直撃インタビュー 「我が国の労災リハビリテーション医学の夜明け」

7号

座談会「地域リハビリテーション -小金井市の場合」

8号

在宅老人と障害者の問題 (第4回講習会報告)

9号

定めず

10号

リハビリテーションを支える人々

11号

障害と女性

12号

定めず

13号

施設と家屋

14号

在宅ケアとリハビリテーション

15号

老人の健康生活 (運動編)

16号

老人の健康生活 (栄養編)

17号

砂原茂一先生追悼号

18号

介護

19号

医療と福祉の接点 ~その教育の現状~

20号

リハビリテーションを考える

21号

夜間制学校教育施設の現状と展望

22号

老人保健施設の現状と展望

23号

地域リハビリテーション

24号

福祉機器Ⅰ

25号

福祉機器Ⅱ

20周年

20周年記念誌

26号

介護 ~技術編~

27号

在宅支援活動

28号

高齢者の健康管理とリハビリテーション

29号

慢性呼吸障害(不全)のリハビリテーション

30号

21世紀に向けてのリハビリテーションのあり方

リハビリテーションひろばバックナンバー一覧/31号〜最新号

特集の内容

31号

介護保険制度導入前の諸問題

32号

身体障害者の職業リハビリテーション

33号

精神障害者の社会参加

34号

医療制度の変化とリハビリテーション

35号

発達障害のリハビリテーション

36号

障害者の余暇活動

37号

医療関連職種における臨床実習

38号

介護保険 ~5年間の歩み~

39号

今,社会医学を考える (その1)

40号

今,社会医学を考える (その2

41号

平成18年度 診療・介護報酬改訂 “声”

42号

理学療法士・作業療法士が考える“健康”

43号

各種療法と統合医療

44号

作業療法というしごと

45号

理学療法というしごと

46号

理学療法士・作業療法士の海外活動体験記

47号

「第一回研究助成制度」による研究報告にむけて

48号

サッカー競技におけるトレーナー活動

49号

「第二回研究助成制度」による研究報告

50号

回復期リハビリテーションの役割

51号

第三回研究助成制度による研究報告にむけて

52号

こどもの発達・発育を支援する活動

53号

理学療法・作業療法と起業~起業を目指す人へ~

特別号

社会医学技術学院創立40周年記念特別号

54号

第四回研究助成制度による研究報告にむけて

55号

社会医学技術学院 創立40周年記念講演 第1回・第2回

56号

第五回研究助成制度による研究報告

57号

第六回研究助成制度による研究報告

58号

地域包括ケアシステム

59号

第七回研究助成制度による研究報告

60号

いまリハビリテーション専門職は何を求められているのか

リハビリテーションひろば
リハビリテーションひろば申し込み

※ クリックするとメーラーが立ち上がります。文字化けする場合は、こちらよりメールを送信して下さい。メーラーが立ち上がらない、もしくは送信できない場合は、hiroba(アットマーク)sigg.ac.jp (半角英数)へ、必要事項を記載の上、メールを送信して下さい。

研究助成金

当財団では、平成20年度からリハビリテーション分野の医療・福祉における研究振興及び利用者(患者等)に対するサービス向上に資することを目的とした研究助成金の交付事業を実施いたしております。
平成28年度の応募要領は、次のとおりです。

研究助成金の応募要領

1. 募集研究課題

リハビリテーション分野の医療・福祉における研究振興及び利用者(患者等)に 対するサービス向上に関する研究

2. 応募対象者の範囲

1)専門学校社会医学技術学院 教職員及び外来講師
2)専門学校社会医学技術学院 卒業生
3)専門学校社会医学技術学院 臨床実習指導者
4)リハビリテーション分野の医療・福祉に従事する者

3. 研究期間及び助成金額

1)研究期間は、平成29年6月1日から平成30年3月31日
2)助成金額は、1課題 50万円以内

4. 研究助成金の申請等

1)当財団が定めた研究助成金交付申請書、所属施設長の承諾書及び研究倫理審査承認証明書等を提出期限までに2部提出して下さい。
2)規程、申請書等は、当財団ホームページにアクセスの上、ダウンロードしてお使い下さい。

5. 提出期限

平成29年5月15日※期間を延長いたしました

6. 研究助成金交付決定(通知)予定時期

平成29年5月下旬

7. 研究助成金応募者の制限

応募者数が多いため、既に当助成金の交付を受けた者に関しては、前回の研究から5年経過するまでは応募はできません。

研究助成金取扱規程及び交付申請書は、下記のリンクよりダウンロードして下さい。
・研究助成金取扱規程等(PDF 101KB
・研究助成金交付申請書等(Microsoft Excel2003ファイル 369KB

平成29年4月4日

出前講義のお知らせ

リハビリテーション・理学療法・作業療法に関して講義します。

日本リハビリテーション振興会・専門学校社会医学技術学院では、職業・学校紹介の一環として「出前講義」をいたします。
リハビリテーションについて、また作業療法や理学療法の仕事について理解して頂けるように本学職員が講義をさせて頂きます。
リハビリテーションや医療や福祉領域における作業療法や理学療法の仕事について、一般の皆さんにわかり易く説明しております。また中学・高校生の皆さんには、総合学習や進路選択の参考にして頂ければ幸いです。

1. 講義内容

医療機関や福祉施設における作業療法士・理学療法士の仕事に関して説明いたします。
出前講義のテーマは以下の例を参考に、希望テーマをお知らせ下さい。
A)リハビリテーションとは ノーマライゼーションとは
B)作業療法とは
C)理学療法とは
D)作業療法と理学療法のそれぞれの特徴とは

2. 対象者・人数・場所

・対象者は中学・高校生や一般の方々
・人数は1度に5名以上
・講義場所は依頼者でご準備願います。
・出前講義に必要な教材は準備いたします。

3. 経費

無料。謝礼ならびに交通費は頂きません。

4. 過去の出前講義と参加者の声

平成25年度 おしごと道場(小金井青年会議所主催)

5. 申し込み

出前講義を希望する場合、氏名(フリガナ)、日時、テーマ、参加人数、実施会場をご連絡下さい。
実施予定の2か月前までにご連絡下さい。
(なお、当方の都合により日程等を調整させていただく場合がございます。)

【記載事項】

・氏名(フリガナ)
・日時
・テーマ
・参加人数
・実施会場

出前講義申し込み

※ クリックするとメーラーが立ち上がります。文字化けする場合は、こちらよりメールを送信して下さい。メーラーが立ち上がらない、もしくは送信できない場合は、demae(アットマーク)sigg.ac.jp (半角英数)へ、必要事項を記載の上、メールを送信して下さい。

本学院の自己評価・自己点検

社会医学技術学院の自己評価・自己点検について
詳細は以下のPDFをご覧下さい。

自己点検・自己評価報告書(PDF 249KB
関係者評価委員会 結果報告(PDF 70KB
・学校関係者評価報告書(PDF 225KB
・第6回学校関係者評価委員会 議事録(PDF 137KB
私立専門学校等第三者評価報告書(PDF 550KB
職業実践専門課程の基本情報について
・理学療法学科 夜間部(PDF 281KB
・作業療法学科 夜間部(PDF 302KB
・理学療法学科 昼間部(PDF 282KB

自己評価・自己点検
このページのtopへ