ホーム学院について活躍する先輩達 > 鈴木 亜弓さん

一生続ける価値がある 理学療法士の仕事 一生続ける価値がある 理学療法士の仕事

理学療法学科 夜間部 2005年3月卒業 社会福祉法人聖ヨハネ会 桜町病院 科長 鈴木 亜弓さん理学療法学科 夜間部 2005年3月卒業 社会福祉法人聖ヨハネ会 桜町病院 科長 鈴木 亜弓さん

理学療法学科 夜間部 2005年3月卒業
社会福祉法人聖ヨハネ会 桜町病院
科長
鈴木 亜弓さん

大学卒業後一般企業に就職しましたが、そこは女性が活躍できる場ではありませんでした。そんな時母が倒れ、自分の将来を見つめ直し理学療法士を志すようになりました。社医学の夜間部を選んだのは、働きながら通って学費や生活費が工面できる。社会人経験者も多く、志の高い人が集まっていたからです。

仕事をしながら勉強するのは本当に大変でしたが、出会った先生、友達がとても良かったです。仕事の悩みや生活で困ったことも打ち明けられました。皆同じ方向を向いていて、切磋琢磨しながら学ぶ事ができ、卒業まであっと言う間の4年間でした。

現在は在学中から助手として働いていた桜町病院で勤務しています。子育てと仕事を両立できているのは夫、子どもの協力、そして理解のある職場に恵まれたからだと思います。当病院のスタッフも仕事と家庭を両立しています。

理学療法士は、ライフステージが変わっても続ける価値のある職業です。本気で理学療法士・作業療法士になりたいと思ったら、ぜひ社医学で学んでください。

見て、来て、もっとわかる社医学! 見て、来て、もっとわかる社医学!

社医学が選ばれる理由社医学が選ばれる理由

数ある養成校の中から、なぜ社医学が選ばれるのか。その理由をご紹介します。

学校説明会・イベント学校説明会・イベント

来て、見て、発見して!学校説明会やイベントの最新情報をお届けします。

キャンパスライフキャンパスライフ

社医学の様子がわかる、サークル活動や学内の設備、年間スケジュールをご紹介します。